妥当な額


なぜ弁護士に依頼しなければならないかといえば弁護士に依頼すれば慰謝料の増額を大いに期待することが出来るからです。それは妥当なお金を得ると考えてください。交通事故に遭ってしまったとき、慰謝料を決定する基準というものが存在します。 その中でも、弁護士基準が最も高額な慰謝料を請求することが出来る額です。その額こそが妥当な額と考えるべきでしょう。

例えば傷害慰謝料(入通院慰謝料)の場合です。傷害慰謝料(入通院慰謝料)は、ケガの治療のために入通院をしたときに、支払いされるお金です。 基本的には入通院にかかった期間に応じて計算し、自賠責保険の場合では一日あたり4,200円という決まりがあらかじめ存在します。 任意保険の場合では、明確に額が決まっているということではありませんが、それでも自賠責保険の場合、法律で一日あたり4,200円が基準にされると言われています。

入通院の「治療期間」を基準にするか、実際に治療を行った日数で基準にするかで傷害慰謝料も大きく額が変化することになります。ここでも、妥当な額がどのような計算されるかが大事なポイントです。更に後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)において大きな問題を抱えることになります。