精神的苦痛の妥当性


後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料の場合、お金は怪我が原因となり後遺障害が認められる場合に支払いされることになります。「後遺症」が「後遺障害」として認定されることによってお金を受け取ることが出来ます。「後遺症」について「等級認定」を申請することで、「後遺障害」の認定をもらうことが出来、「後遺症」について明確な等級付けが行なわれます。

それは将来的に回復が見込むことが出来ない状態である必要があり(症状固定)、交通事故が原因であることが明確に因果関係として成り立つ必要があり、医学的に認められる必要、かつ自賠法施行令の等級に該当する程度である必要があります。これら条件を満たした場合において、等級に応じた慰謝料額の支払いがされることになります。弁護士に依頼することで、妥当なお金を請求することがスムーズに出来るようになります。

示談自体はいわば一時的なものかもしれませんが後遺症という問題とも真剣に向きあっていかなければなりません。交通事故の被害は、一生つきまとうものであるかもしれないからです。示談においても、精神的苦痛という一見目に見えないものに対して、妥当な金額を支払いしてもらうために重要であり、一度成立すれば原則として同じ損害に対する請求を行うことが出来ません。